発達☆遊び

夢を叶える子育てと癒し
子育ての悩み解消!!癒しの子育て

発達☆遊び

                 

                   発達の段階と遊び


赤ちゃんの幸せは、愛や暖かさや食べ物の要求が満たされるかにかかっています。
感情的な発達の基礎は、家庭という最初に触れる関係の中で育ちます。

赤ちゃんが泣いたときはすぐに「抱っこ」してあげることが、愛や信頼を築く上で最も大切なことです
「そうしても、赤ちゃんを甘やかすことにはならない」と心理学者も言っています。

赤ちゃんが、「はいはい」という自分で動き回る手段を手に入れたとき、
注意すべきことがあります。この頃から赤ちゃんは、あらゆるものに興味を持ち、触ったり、なめたりしながら部屋中を動き回ります。ですから、
赤ちゃんがはいはいをする前に家の中を点検して、危険なものは取り除かなければなりません。

家の中を安全な状態にし上で、赤ちゃんを自由に動き回らせるのです。
赤ちゃんははいはいし、さまざまな刺激を楽しむのです。こういう遊びは、
赤ちゃんの発達段階においてとても大切なことです。

子どもの「健康で創造的な感情の成長」にとって「遊び」は大切なものだけではなく、後の知的な成長のための最良の基礎となります。

「遊びは、子どもたちが気づかないうちに、知的な成長にとって最も必要とされる習慣を教えます。それは、すべての学習にとって重要な集中力です。

集中は楽しい行動の中では簡単に養われます。けれども、楽しい習慣の中で集中力が習慣とならないのなら、学校の勉強も難しいものになるでしょう」と、ベッテンハイムは述べています。

もともと幼稚園は、「庭」のように子どもたちが遊ぶ場所という意味があったようです。
ところが、最近では「庭」としてではなく、「プレスクール」といった意味を持つようになってきました。そして、「創造的な遊び」は「知的な勉強」に置き換えられてきました。

子どもの想像な遊びでは、ある物が別の物に変身していきます。
それが後に「読む力」の基礎になると言われています。
自由な遊びの、空想に満ちた段階をとばして、知育偏重になっては
いけません。


しかしながら、早期教育がダメかというと、そうではありません。
歌ったり、踊ったり、絵を描いたりというような情操教育については、
子供の才能を見つけ出すのに役立ちます。
子供の才能を見つけるためにいろいろ試させるのは好ましいことです。


3才から6才までの時代は、その後の人生にとって創造力の基盤となる時代であり、大変貴重なものです。短縮されてはならないのです。
「はいはい」の段階をとばしてしまうことが不可能なように、空想の時代も、健全な発達の1段階として大切にされなければなりません。

子どもの発達において、最も重要なものは家庭です。  

子どもは、人間関係の基礎となる「信頼感」を初めて触れる母親から学びます。もし、母親との信頼関係がもてないと、その後、友だちを作れなかったり、集団の中に入れなかったり人間関係に大きな影響が出てきやすくなります。

一方父親からは、社会との交流方法を学びます。父親は社会の窓口なのです。父親との信頼関係がもてないと、社会に出ていくのが怖かったり、行動を起こすのが怖かったりします。
  


ベビー服














★夢が叶う!子育てと癒し〜TOP

 マーフィー理論

★マーフィーの理論


★潜在意識の働きと活用

★超意識は全知・全能

★夢を叶える脳波

★願望実現のテクニック

★成功の3つのステップ

★イマジネーション

★富とお金の法則

 人の才能

★人の頭脳に高低はない!

 

★才能の遺伝子をONする方法

★科学者が信じる
   「サムシング・グレート」

 子育て

★魂の子育て


★誕生から6才までの子育て

★発達段階と遊び

★子どもが育つ魔法の言葉

 癒し・愛

★心と体 癒しの意味


★自然のパワーで癒し

★アロマで癒し

★色のエネルギーで癒し

★チャクラとカラー

★真実の愛とは!

★人生のシナリオ、ロハスな暮らし


 将来の夢

★夢が叶う職業は?

妊娠・出産・育児 の悩みを解決!!





 ◇リンク集
 
Copyright (C)  All Rights Reserved